車谷晴子の主に仕事なブログ
漫画家みたいなかんじの車谷晴子の仕事情報ブログです
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< あけましておめでとうございます。 | main | 「もんもんモノノ怪」8話 >>
<< あけましておめでとうございます。 | main | 「もんもんモノノ怪」8話 >>

おしらせ

2015年6月27日頃発売ARIA8月号より「もんもんモノノ怪」新連載開始 ○お仕事に関するお問い合わせ連絡先○
kurumatani_haruko☆yahoo.co.jp(☆を@に変更してください)
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | | - | -
「なのに、ボクはイヤといえない」3巻

完結まで時間がかかってしまいましたが、完結巻3巻が発売になりました。
どうぞ宜しくお願いします

以下、公式の内容紹介の転載です。こんなかんじに完結しておりますー。

予想だにしえない結末!!衝撃の最終巻!!

エスカレートしていく玲と仁菜子、双葉の奇妙な三角関係。
そんな日が永遠に続くと思われたある日、「世界一優しい」はずの仁菜子が発した、あり得ない言葉。
理解不能な事態に襲われた玲の心理的葛藤が臨界を超えたとき、玲は…。
満ち足りた変態的快楽の日々は、もう戻ってこないのか!?
誰もが予想し得なかった衝撃の最終展開!!

【編集担当からのおすすめ情報】
「ネオロマネスク男の娘ストーリー」もいよいよ完結です。
内容紹介にもあるとおり、本当に予想し得ない破壊的な結末を迎えますが、それにしても最終回のネームを見たときの驚きは、忘れられません。
ネームを読み終えたとき、最初は理解ができず、何回か読み直し、それでもあまりにも予想外ゆえに、「どうしてこのような最終回になったのか?」車谷さんに問いただしました。
そして車谷さんからその真の意図を聞いたとき、深くうなずき、当初は疑問に思っていた「この展開」以外の最終回は考えられない、と強く思いました。(今もそう思っています!!)
大まかな打ち合わせを経た上でネームを読んだ担当編集の私ですら、ビックリしたのですから、初見の読者のみなさんはもっと驚かれることでしょう。
いや、中には「こんなのは受け入れられない!」という人もいるかもしれません。
でも、二回三回、そしてできれば第1話から読み直してみてください。
この作品のタイトルがなぜ「なのに、ボクはイヤといえない」なのか、そしてこのラスト以外ではテーマが未完成になってしまうことに気づくはずです。
その意味では『ボクイヤ』は、今までの歴代車谷作品と一線を画し、「車谷晴子」という「作家」が新たなステージを切り開いた、エポックメイキングな作品と言えるでしょう。
ぜひ、車谷さんの新境地を、刮目してご覧ください!!
発売情報 | 20:58 | - | -
スポンサーサイト
- | 20:58 | - | -
コミックス

プロフィール
新規記事
CATEGORIES
過去記事
著作権
ブログ内画像・イラストの無断転載・複製は禁止です。
OTHERS
SPONSORED LINKS